My Journey to Make Indigo Soap | 藍石鹸ができるまで

(日本語は⬇️)

Just recently, after various trial and errors over 5 years, I finally succeeded in making indigo soap.

I would like to share some of the story here.

I first became interested in indigo dyeing about 10 years ago. I started leatherwork when I was about 20 years old and it became one of my goals to dye leather with the genuine indigo of the Tokushima region of Japan. 

Over the years, almost as if going to meet a lover, I traveled from Tokyo to Tokushima many times to visit the indigo workshop of Mr. Furusho, a rare and well-known indigo dyer. 

I failed countless times. The indigo just wouldn't stay on the leather. One time it even made the leather hard, like plastic. Even when it seemed to dye properly, I encountered failure during the leather finishing process. Knowing that cotton and silk could be dyed that deep, dark blue with a hint of red, I held steadfast in my belief that the same could be done with leather. 

Then, after 10 years, finally the leather was successfully dyed indigo.  I remember that day clearly, moved to tears - I'd never seen leather this beautiful before!

Since the time I met my husband, his skin had problems and he was always itchy. In the beginning, he was undergoing some kind of treatment and using some ointments. Having been overloaded with oils and other substances, the skin that was not healthy to begin with was no longer able to rid itself of waste under its own natural power. 

I myself knew a little about the components and effects of indigo from the time that I did dyeing. It turns out that the polyphenols of indigo function to reduce inflammation. This was known since ancient times and it is said that the samurai would wear indigo dyed clothing so that their wounds would heal faster.  

And so I began to look into applying indigo to the skin and other possible ways of using it, when it occurred to me: indigo soap! I didn't know how to make soap at the time but I thought, would indigo soap be a good fit for my husband's skin? I felt my intuition was on point.

I then began to attend three different soap making classes in Tokyo.  I only wanted to know one thing: how to realize indigo soap.  

There are many methods for making soap and I searched for the best way to make soap that would not destroy the components that are naturally good for the skin. This method turned out to be the cold press method. However, this is the most time-consuming method. The soap needs to rest for over one month after it is made. 

When I actually used the soap, without using any skin lotions, my skin became soft and silky.  I thought, "This is it! This will make his skin better!" And indeed he felt good using it. 

Then, how to combine this soap with indigo? 

Days of trial and error continued. There were days of the soap turning green, but not the indigo blue color.  During this time, we moved to the US. My experimentation was put on hold. But I was not about to give up just because we'd moved. 

But there were no indigo dye workshops in the US. So I determined to grow indigo myself and I received some seeds from my contacts in Tokushima and planted them in my yard. They sprouted into seedlings and the leaves grew and grew, and with the help of my friend who has been researching about indigo dye herself, I was able to make my own indigo dye! 

While growing the indigo and doing dyeing, I was also making soap. And over one year after having moved to the US, I finally succeeded in making indigo soap. The people who have used it thus far are all finding it so pleasant and loving using it. 

How many people have helped and supported me in this endeavor? When I think about this, I am filled with gratitude. My greatest hope is for every person who uses this soap to end up smiling.  


先日、ようやくここ5年ほど試行錯誤してきた藍の石鹸が完成しました。

 

 

これが出来るまでのストーリーを皆さんに少しお話ししたいと思います。

 

 

私が藍染に興味を持ったのは、今から10年以上前くらいです。

 

そして、20歳の頃からやり続けている「革」をあの美しい徳島の本藍建で染めることが1つの目標となりました。

 

東京から飛行機に乗って、まるで恋人にでも逢いにいくかの様に、

徳島の古庄染工場に通う様になって何年も何年も過ぎました。

 

何度も失敗を繰り返していました。革にうまく藍が乗らないのです。

革をガチガチにまるでプラスティックの様に硬くしてしまった

こともありました。

 

色が染まっても、今度は仕上げの工程で失敗してしまう。

 

木綿やシルクが赤身がかった濃紺色に染まって、干されているのを横目で見ては

絶対に革も染められるはずだと思っていました。

 

そして10年程経った時、なんと思う様に革が染まったのです。

 

こんなに美しい革は見たことがない!と涙を流して感動した日のことを覚えています。

 

ー今の旦那様と出会った当時から、肌が悪くいつも痒そうにしていました。

 

出会った頃は、治療をして薬を付けていましたが、全て止めさせたのです。

 

油などの過剰摂取により、健康ではない肌が老廃物を自らの力で排出できない様になっていたのです。

 

 

私は、藍の成分や効能などについては、染めをしている時から少しだけ知識がありました。

 

実は、藍のポリフェノール成分が炎症を抑える効果があるのです。

 

消炎作用があることは昔から知られていて、武士が着ていた着物は傷を早く治すために

藍染めをしていたと言われています。

 

そこで、肌に直接塗ったり、使ったりする物を徹底し始め、

 

その時に、藍の石鹸を思いついたのです。

 

石鹸をどうやって作るのかは分かりませんでしたが、藍の石鹸が彼の肌に合うのでは?

 

なんとなくピンときたのです。

 

それから私は、石鹸を作るために、都内の石鹸教室3箇所に通い始めました。

 

自分の知りたいことはただ1つ。

 

藍の石鹸です。これをどうやって作るのか?です。

 

石鹸には色んな作り方があり、天然の肌に良い成分を壊さずに作れる一番いい方法を探しました。

 

それが、コールドプレス製法でした。でも、この方法は最も手間がかかります。

 

石鹸を作った日から1ヶ月以上寝かせなければいけないのです。

 

実際に作ってみると、使うだけでローション要らず、ツルツルになりました。

 

これは絶対に彼の肌を良くする!と思い、実際に使わせてみると、心地よく気に入って使ってくれました。

 

これに藍をどうやって入れていくのか?

 

試行錯誤の日々が続きました。藍の色は出ずに、緑になってしまったりとこれも失敗の連続でした。

 

そうこうしている間に、私はアメリカに移住することになりました。実験は一時中断です。

 

アメリカへ行ったところで、藍の石鹸は諦められません。

 

でも、藍の染め工場がアメリカにない。ならば、自分で育てるしかないと、徳島からの藍の種を

 

ある方から譲って頂き、自分の庭に播きました。そして、芽が出て、葉がスクスクと育ち、

なんと!藍染をすることが出来ました。

 

藍を育てながら、染めているうちに、石鹸も同時に作っていました。

 

そして、アメリカに来て1年以上経ったある日、ようやく藍の石鹸が完成しました。

 

実際に使ってもらっても、使い心地も良くとっても気に入ってもらっています。

 

 

 

これが完成するまでに、どれだけの人たちが関わり、そして協力してくれたでしょうか?

それを思うと、心から感謝せずにはいられません。

 

そしてこの石鹸を使った方が、笑顔なる・・・そんなモノであって欲しいと

心から願っています。